ライザップ

ライザップのブームから始まり、2017年4月現在では数えきれないほどのパーソナルジム、プライベートジムが乱立されています。 

 

ライザップを始めとするパーソナルトレーニングを行なっているジムの料金形態は2ヶ月の契約で200,000円?300,000円程度の価格帯が最も多く、中にはトレーニング時に仕様するウェアを無料でレンタルできたり、ダイエット用の低糖質な食品のセットがもらえたりと様々なプラン、ジムがあり、昔は短期ダイエット=ライザップだったのが今は、自分がどのジムを選べば良いのかわからない人もたくさんおられるのではないでしょうか。 

 

当サイトでは正しいパーソナルジムの選び方や正しいパーソナルトレーニングの知識、サプリやプロテインの飲み方をわかりやすく書いていきたいと思います。 これを書いている管理人は筋トレ歴6年の30歳ですが、「基礎知識をキッチリと教え込んでくれるボディービルダー」が知り合いにいたので短期間で10キロの減量を行うことができましたし、今現在もリバウンドせず普通に生活することができています。

あなたがパーソナルトレーニングをする目的は?

ライザップが爆発的に流行った理由の一つとして「2〜6ヶ月の短期間頑張れば自分も劇的に変われる」というイメージをテレビの企画やCMでうまくアピールできたからではないでしょうか。 あのCMの曲が頭から離れない人も多いことでしょう。 

 

ライザップの売りはズバリ「短期間で痩せることができる」なのですが、どうせなら1年後も2年後もずっとその体型をキープしたいですよね。 「半年後に海に遊びに行くからそれまでに痩せたい!そのあとはリバウンドしてもいい!」という人はあまりいないとおもいます。

 

ライザップには短期間で減量するノウハウと実績があるので、ライザップに契約して言われた通りの食事法を守り、トレーニングをサボらなければある程度の減量は必ずできます。ですが契約終了後にリバウンドをしてしまうともう一度通わないといけなくなる可能性があります。 死ぬまでライザップ契約中のような食事生活・運動量をキープできるなら別ですがそれは現実的ではありませんよね。 ではリバウンドしにくい体にするにはどうすれば良いのでしょうか。

リバウンドしにくい体を作るには基礎代謝量を上げるのが超大事

齢で、その平均は約1,600キロカロリー。 全く食事、運動をしていても高校生の時の自分と今の自分を比べると、加齢によって基礎代謝量がどんどん落ちていくのに加え、お酒や外食などによって摂取カロリーが増えることが太ってしまう原因です。

 

基礎代謝量をあげようと思ったら「筋肉量」を増やすのが一番効果的です。 アメリカの有名ボディービルダーは、夜寝て朝起きると体重が5キロ以上減ってしまうそうです。 これは基礎代謝量がずば抜けて高いため、何も食べない寝ている間にどんどん体の中が燃えているというメカニズムです。 

 

 

NURO光キャンペーン

ライザップに通うと基礎代謝は上がる?

礎代謝は上がる? 

 

ライザップをはじめとするパーソナルトレーニングでは主にトレーニング+「糖質制限」を行なって脂肪をどんどん燃焼させ、体重と体脂肪率を落としていくという方法を用いています。 短期間で体重を落とそうと思ったらこの方法が最も効率的だと思います。 ですが先ほど述べた「基礎代謝量」は上がらないどころかどんどん落ちていってしまうのが現実です。

 

普段の生活で太るメカニズム

 

○基礎代謝量=1,500キロカロリー 
○運動ナシ
○摂取カロリー=1,800キロカロリー
=差し引き300キロカロリーがプラス 

 

ライザップで痩せるメカニズム

 

○現在の基礎代謝量= 1,500キロカロリー 
○トレーニングによる消費カロリー 200キロカロリー *1時間前後 
○摂取カロリー=1,300カロリー
=差し引き200キロカロリーのマイナス

 

厳密に言うと全然こんな計算にはならないのですが、これがライザップで体重が減っていく秘密です。 しかしこのままだと「摂取カロリー」、つまり食べる量が増えて「消費カロリー」、トレーニング量、運動量が減れば簡単にリバウンドしてしまうのがおわかりいただけるかと思います。 

僕がオススメするリバウンドしにくいダイエット方法について

何回も書きましたがリバウンドしにくい体を作るには「基礎代謝量」を上げることが大切です。 そして基礎代謝量を上げるためには体の中の「筋肉量」を増やさなければいけません。

筋肉量を増やすって具体的にどうすれば良い?

筋肉量を増やすには筋トレはもちろん必要ですが、それ以上に「タンパク質」をたくさん取ることが大切です。 特にトレーニング日には除脂肪体重×2倍 の(体重70キロで体脂肪率が20%の場合、14を引いて66の2倍)132グラム以上のタンパク質を取りたいところ。 普段栄養素をあまり気にしていない人だとわからないかもしれませんが、タンパク質を1日で130グラム以上摂ろうと思うとものすごく大変です。 

 

牛ステーキなら700グラム

 

卵なら20個

 

マグロの刺身なら450グラム(刺身にすると35枚分くらい)

 

を食べないといけません。 

 

これだけの食事をとるのはなかなか大変ですし、お金もかかります。 そこでオススメしたいのがプロテインです。 

 

プロテインは一回分で約30グラムのタンパク質を飲むだけで摂取できるので、それを1日に2回、トレーニング前1時間前とトレーニング後30分以内に飲むことでかなり効率的にタンパク質を入れることができます。